学ぶ

2017年09月18日

107日(に、つくで農と食の楽校として

 

稲刈り体験を実施します。


時間 : 10時00分 ~ 15時30分頃

 

参加料(保健料込) 小学生以上 3,000

 

         3歳以上  1,500円 です。

 

電話0536-37-2772、FAX0536-37-5021

E-mail tedukurimura@tees.jp

 

で必要事項をお伝え(ご記入)いただきお申込み下さい。

 

大勢の方のご参加をお待ちしています。
つくで農と食の楽校(稲刈り)
29農業体験申込




2016年04月17日

【つくで農と食の楽校】 
第1回 五平もち作り&籾(もみ)まき体験を開催しました。

続いて、

籾(もみ)まき体験

今度は、農家さんの説明を聞いて、始めます
pict-DSC_0328

籾(もみ)ってなに? お米の実 種なんですよ

籾の殻を取ったのが玄米です。


今日の籾まきは、パレットに土をひいてその上に

種をまいてその上にまた土をかける作業になります。

※1家族1枚のパレットで行います。
 
どれが自分のまいたパレットかわかるように名前も
pict-DSC_0334

まず、床土をしきます。道具を使って厚さをそろえます。
pict-DSC_0344  pict-DSC_1383


計量したもみをもらって、均等になるようにまきましょう
pict-DSC_1270  pict-DSC_1287

pict-DSC_1329  pict-DSC_1333

出来たら、水をかけて、もう一度上から土(ふくど)をかけます。

床土入れは同じですが、ちょっと機械化してみましょう

pict-DSC_0412

籾まきとふくどを機械が行ってくれます。
子供たちも興味津々
交代でハンドルを回そう
pict-DSC_0411  pict-DSC_0419
パレットをセットして、ハンドルを回すとするとまずもみが落ちます。  
pict-DSC_0415
続いて上から土がかけられきれいに完成 らくだね

今ではもっと進んで電動でやってくれる機械もあるよ


完成したパレットは、農家さんにお預けして

大きな苗になるまで育ててもらいます。

楽しみだね



 

【つくで農と食の楽校】 
第1回 五平もち作り&籾(もみ)まき体験を開催しました。

開催日 平成28年4月9日(土)

当日は、天候もよくいつもの春より暑いぐらいでしたよ

第1回は、受付を済ませ、ご参加いただいた方たちとスタッフの紹介や

今年度の体験予定などの説明です。


続いて、昼食を兼ねての

五平もち作り体験

作り方の説明を聞いて、さぁ 串をもらって挑戦だ


pict-DSC_0252     pict-DSC_0282
誰のかわからなくならないように      一方では炊きたてのご飯をこねて
名前や印を書きます。          ま~す。力がいるよ

お米は昔のお釜で、まきを使って炊いたご飯、炊飯ジャーとはちょっと味が違うかな

今度はお米を串に付けていくよ
pict-DSC_0297

みんなで協力してやってま~す

pict-DSC_0293     pict-DSC_0300
形も大きさも色々だね     特製の味噌を付けてもう一度焼いて完成

pict-DSC_0307
いい感じに焼けてます。

けんちん汁もおおきなおなべで作ったのでどうぞ
pict-DSC_0311


お昼からの、籾(もみ)まき体験も楽しみです

つづきをお楽しみに


2016年04月07日

28年度 農業体験【つくで農と食の楽校】

第1回 籾(もみ)まき五平もち作り体験を

28.4.9()に開催します

第1次の申込受付で、予定人数に近い方のご参加をいただける

ことになりありがとうございます。

 (単発でのお申し込みの方もみえますので、回によっては空きがありますので
  興味のある方はお問合せください。)


第1回は、
pict-pict-IMG_3097IMG_20150411_121836560


【籾(もみ)まき体験】 籾って何? 稲穂に実っている稲の実です。

この皮をむくと中に玄米が入っていて、この玄米についているヌカを

とる(精米)と白米になります。

籾は稲の種でもあるのでこれをまいて芽を出させます。

今回は、その籾まき(種まきを行います。

【五平もち作り体験】 つくで手作り村の名物でもある、

五平もちをみなさんに作ってもらいます。

五平もちがどうやって出来るのか? とか
 
自分の好きな形に作ってみるなどお楽しみいっぱいです


五平もち作り体験は、通常の体験項目としても募集していますので、

よかったらお問合せください


  

2015年09月23日

【つくで農と食の楽校】 

9月19日(土) 第5回 稲刈り体験とBBQを開催しました。

天候と田んぼの状態が心配されましたが、無事稲刈り体験を行う事ができました。

自分で植えた苗が大きくなり、黄金色に輝いている稲穂をを見ながら収穫です。

現在は、ほとんどの所で機械化が進んでいますが手狩りに挑戦

鎌(カマ)を使って刈り取りするから、安全に注意
pict-IMG_3701  pict-IMG_3703
 農家さんから鎌の使い方や稲刈りの手順を教えてもらいます。   

お話を聞いたら稲刈りスタート

pict-IMG_3744  pict-IMG_3725
 脱穀は『コンバイン』で行います。機械は危ないのでなれた地元の人に
 手渡しで渡していきます。でも、そこまではみんなで力を合わせて運ぶよ

pict-IMG_3724  pict-IMG_3747
がんばって運ぶよ              お父さんに刈り取ってもらったよ
                            顔隠れちゃった

pict-IMG_3779
稲刈りって大変

もう一枚の田んぼは機械で刈りました。速さが全然違うね
pict-IMG_3890  pict-IMG_3909
乗ってみたい子供は挑戦          え大人のひとも乗るの

後半は、BBQ

皆さんで、準備していただきました。
pict-IMG_3828  pict-IMG_3823
 野菜が切れるかな              おかあさんに教わって

pict-IMG_3858  pict-IMG_3866
 おいしそう早く食べたい            魚の兜に苦戦

お腹がいっぱい。大人はまったり
でも、子供はげんきだなぁ~ 
pict-IMG_3868pict-IMG_3872
 お店からダンボール調達だー

皆さんお疲れ様でした。


2015年07月27日

【つくで農と食の楽校】 

7月25日(土) 第4回 トマトもぎとり体験・ニジマスつかみ取りを開催しました。

午前のトマトのもぎとり・鳥よけ作りに続いて、午後は子供たちのお楽しみ

ニジマスのつかみ取りです。

DSC_0944   DSC_0928
今日は暑かったから冷たくて最高   

DSC_0957   DSC_0952
                            こんなにつかまえたよ

最初はこわがっていた子も、最後は追っかけまわしてましたよ。

ニジマスもだんだん逃げるのに疲れて、ちっちゃな子にもつかまってた!

DSC_0945  DSC_0961
  見て!見て! つかまえた

最後は網を使って全部つかまえた?はず・・・

DSC_0956  DSC_0963
  いっぱい泳いでるね             こうやってやると簡単にできるんだ

つかまえた、ニジマスはその場で腹をかきます。(内臓を取り出すってこと)

腹は包丁などを使わず、割り箸でOK やり方を地元の方に教えてもらって挑戦!! 

お母さんも「こんな簡単に出来るの!」ってびっくり

子供さんより夢中!?


腹をかいた後は塩焼きにしてみんなでおいしくいただきました。

皆さんお疲れ様でした。


【つくで農と食の楽校】 

7月25日(土) 第4回 トマトもぎとり体験・ニジマスつかみ取りを開催しました。

当日は、天気も良く暑い日となりました。そんな中で、今日の午前中の

メインである「トマトのもぎとり体験」に皆さんで行ってきました。

トマトもぎとりトマトもぎとり2
農家さんからのお話        いっぱいとるよ


DSC_0915
黄色いのがあるよ

ハウスの中というさらに暑い中なので、体調に十分注意していただくことと、トマトの種類や

とり方を農家の方から教えていただいて、いざもぎとり開始!!

赤色だけでなく黄色や細長いものなど7種類のトマトが植えてありました。

大勢の方が一度にハウスに入ることが出来ないので、

待っている方は、田んぼの鳥よけ作りとお昼の準備をしていただきました。

DSC_0916DSC_0919
みんなで絵をかきます       みんなで田んぼに


DSC_0922DSC_0926
風になびいてま~す。鳥さん大事なお米を食べないでね

材料は何処でも見かける買い物袋で~す☆

午後につづく









2015年05月31日

【つくで農と食の楽校】 
第2回 田植え&泥んこあそび開催しました。

 当日は、天候が悪く心配しましたが、受付を行っている間に雨も上がり、 曇り空となり

日差しも強くなく絶好の田植え日和となりました

第2回は、前回まいた籾が大きく育った苗を田んぼに植える体験です。

まずは、農家さんから田植えの方法を教えてもらい、前日に引いた線にそって

植えていきます。
苗     農家さん
  ここまで大きくなりました。    植え方の説明みんな真剣

田植え田植え
    田植えスタート                  
がんばって植えるぞ
   がんばって植えるよ
 
田植えで疲れた体を休めながらの昼食タイムです。

おにぎりやちまきを食べて昼からに備えま~す
お昼

昼食の後は、看板作りみんなの手形をペタペタ中には足型も・・・
pict-IMG_3408pict-IMG_3421

さぁここからは子供たちお待ちかねの泥んこあそび

今日は、汚しても怒られないぞ
pict-IMG_3449pict-IMG_3432


pict-IMG_3508
これからの生長が楽しみです



2015年05月22日

農業体験 【つくで農と食の楽校】 の第2回 田植え体験が大盛況の中終了しました。

全回参加のご家族だけでなく、単発参加のご家族の皆さん大勢ご参加いただきまして

ありがとうございました。

第3回以降のご応募も多く、定員と成りました。皆様ご応募ありがとうございます。

今後は、キャンセルが発生した場合等には単発参加を考慮いたしますので、興味があ

る方はお電話・お問合せ下さい。

2015年04月18日

平成27年度農業体験『つくで農と食の楽校』がスタートしました。

第1回は、五平もち作り体験と籾(もみ)まき体験です。

当日の欠席者もみえましたが、大人19名、小学生以上3名、3歳以上10名、

3歳未満3名、合計35名の参加をいただきました。

お米の作り方を農家さんに教えてもらって、さぁ今回のもみまき体験実施へ

農体-五平餅お釜のごはん

【もみ巻きの手順】

1.30cm×60cm程のパレットに床土(とこつち)をひきます。

2.床土に水をまいていきます。

3.床土の上に計量カップで測った『もみ』をムラのないようにまきます。
もみ計量pict-IMG_3068




4.もみの上に覆土(ふくど)をまいて完了
覆土

 



もみまき機械←播種機は、もみまきもできます。




そしてこの後は、農家さんにお願いして、育苗機で苗を育ててもらいます。

そして、第2回の「田植え体験」です。

まだ、体験の単発での参加をお受けしていますので興味のある方はお電話下さい。

定員になり次第、随時受付は終了します。

※農業体験やつくでの情報がLINEの公式アカウントでもご覧になれます


2014年12月17日

今年も残りわずかですね


大掃除・・・おせち料理の準備・・・何かと忙しい年末ですが、

つくで手作り村では、みなさまが新しい年を迎えるお手伝いをしたいと思い、

花餅&あんころ餅体験 を企画しました。


日時   12/20(土) ・ 27(土)

参加費  お一人様800円 (花餅1本、あんころ餅3個付)

対象   親子 *もちろんお一人様、お友達同士での参加も大歓迎

   花餅には来年の干支のかわいい羊さんを飾り付けします

花餅写真修正版














体験に含まれている個数以上を作りたい方 
 花餅300円/本、あんころ餅150円/個でお作りいただけます。お申込時にお知らせ下さいね


道の駅 つくで手作り村
受付はこちらです  0536-37-2772



2014年02月28日

新城市作手(つくで)地区で、幻のお米「ミネアサヒの米作り体験や地元の野菜の収穫とそれを使った料理体験

子供さんは、魚釣り泥んこ遊びなど「つくで」ならではの魅力を楽しんでみませんか


限定 20組 参加大募集


① 年間 5回開催

② 通年参加もしくは、各回ごとの単発参加も可能です。(通年参加の方を優先とさせて頂きます。)

H26農業体験-001H26農業体験-002



詳細は「道の駅 つくで手作り村」までお問合せ下さい。℡0536‐37‐2772



2013年10月18日

DSCF7875愛・地球博記念公園で
クルマ未来博2013が開催されており、次世代自動車の車両展示、試乗会や技術展示、講演会等があり、19日(土)まで開催されています。 
DSCF7878DSCF7880土曜日は
パブリックデイで
子供向け参加体験イベントもあり楽しめます。
DSCF7868DSCF7866

2013年09月17日

ESDユネスコ世界会議1年前イベント「あいち・なごやESDフェスタ」が、 9月14日(土)、15日(日)久屋大通公園で開催されました。

 ESDとは持続可能な社会の担い手づくりの取り組みです。 

大村愛知県知事、河村名古屋市長もいらっしゃいました。

DSCF7656-(1)DSCF7676続きを読む

2013年06月15日


みなさん、こんにちは
田原めっくんはうすです♪
毎日のようにお客様や立ち寄りバスの添乗員さん、  
ガイドさんから尋ねられるのが、
「めっくん」ってどういう意味???
「メロンのメ??」 「こちらの方言??」と・・・

めっくんはうす キャラクター
    








↑ ↑ このキャラクターが「めっくん」です♪

めっくんの顔はハートの形をしていて愛らしく親しみのもてる雰囲気を
持っています
四方八方に出ている手足は、花の芽、野菜の芽、そしてむらおこしの芽であり、
文化の芽、産業の芽、発展し成長する元気な ”まち”を表しています
「芽」に〇〇くん、〇〇さん、の呼び名の「くん」をつけて
「芽っ君」=「めっくん」です♪
これらの芽を発展させる「家(はうす)」としてこの名前がつけられました。

どうぞ これからもよろしくお願いいたします


道の駅「田原めっくんはうす」
ホームページもご覧下さい。



2013年05月26日

中部ブロック「道の駅」連絡会
 
 駅長会議開催・・・

“今時の”消費者が求める道の駅とは?

 《今時の消費キーワードは?》

・孫、いいわけ消費        ・・・感動しました・・・

講師の日本フードアドバイザー協会 東海支部長 土屋 薫 様

事務局の皆様、ありがとうございました。凄く面白かった・・・

さぁ~皆様で、いっぱい発信していきましょう!!

CIMG1343


http://okanoyama.com/  道の駅にしお岡ノ山HP

2013年01月29日

第12回陶のまち瀬戸の「お雛めぐり」 

瀬戸市「瀬戸蔵」を中心に開催されるイベント会場の ゛無風庵゛ で、小原和紙工芸作家夫妻の展覧会 「かのうともみひさしによるお雛の世界」、小原和紙で 「ミニミニおひなさまランプづくり」ワークショップが開催されます。

 展示会期 平成25年2月2日(土)~3月3日(日)
 ワークショップ 2月16日(土)・3月2日(土) 10:00~15:00 
         *参加費300円・定員20名
 会 場   瀬戸市「無風庵」

詳しくは「瀬戸蔵」まで ℡(0561)-85-2730       



2012年09月13日

P4030030小原で過ごした俳人杉田久女を顕彰する俳句大会。
小原を散策しながら初秋を詠んでみませんか?


と き 9月22日(日)受付9:00~
ところ 小原交流館
    豊田市永太郎町落681-1
    tel0565(65)3711
内 容 第1部 講演会
     第2部 投句

問合せ先 小原観光協会 0565(65)3808



2012年09月01日

akariとき:9月22日(土)18:00~20:30

場所:道の駅どんぐりの里いなぶ
   どんぐりの湯

内容:
間伐材で作った木製ランプシェードがずらりと並びます。ミニコンサートや月見うどん、栗どら、炭焼きフランクの販売もあります。

ランプシェードのやさしい光の中、音楽を聴きながらのお月見はいかがでしょうか。どうぞお出かけください。
       
              

2012年08月31日

CIMG3568CIMG3570

トヨタ会館はトヨタの環境や安全など、21世紀を見据えた取り組みやビジョンと、最新の関連技術などを紹介する展示を行っている施設です。

工場見学(要予約)とセットのお客様も見学されますが、会館のみは予約なしで自由に見学できます。続きを読む